聖なる骨・仙骨、骨格の中心部で人体のバランスを司る

仙骨の由来は、

○仙骨は神聖な生殖器 genitalia を保護するもの。

○ギリシャ語のヒエロス (中性形がヒエロン)には、「神聖な」という意味だけでなく、「強い」、「力強い」という意味がある。ギリシャ語からラテン語に訳す際に誤訳した。

○古代エジプトにおいて、仙骨は「オシリス(豊穣の神、冥界の支配者)の背骨」と呼ばれ、それゆえ、仙骨はエジプト人によって人体中最も神聖な部分とみなされた。その考えをギリシャ人はエジプト人から借用したという説。

○仙骨は、他の椎骨より大きく丈夫で、死後も腐敗せずに残る。それで仙骨は、ヘブライ語でルーズ「アーモンド」と呼ばれ、復活の際には仙骨をいわば「核」として肉体が再構成されるというユダヤ人の伝説に其づく説。

結局のところ、なぜ神聖かについての説明はすべて推測にすぎない。とはいえ、古代エジプトから、ギリシャ・ローマ、遠くはマヤ文明においでも仙骨が神聖な骨とみなされたのは興味深い。

日本では戦前まで薦骨(せんこつ)、つまり「神に薦(すす〉める」骨と呼んでいた。現在の「仙骨」は、同じ読みで画数の少ない漠字「仙」で代用したもの。
仙骨とは-はてなキーワードより
骨盤の中央にある骨。背骨の付け根。尾骨の上部。骨盤の要とも言われる。

仙骨のゆがみは骨盤と背骨のゆがみにつながり、背骨のゆがみが顔のゆがみにつながるとされ、近年は矯正等の施術が注目されている。

子宮や卵巣に近いため、女性疾患や女性ホルモンの分泌、肥満等女性の気になる症状の改善に関連するという説もある。

仙道においては、仙骨が出ていることが仙人にはなれる条件だと言われていた。

 私の腰痛の原因は

整形外科の先生からレントゲン技師へ詳しく方向の指示があり、姿勢を変え丁寧に6枚のレントゲンを撮っていただいた結果、背骨の一番下を仙骨が支える箇所に問題ありとの事でした。
運動不足・加齢により擦り減り、日常生活のなか、身体の態勢によって擦れ合い不快感から歩けないほどの痛みに変わる状況でした。