自宅で手軽に体幹を鍛えるはじめの一歩

アスリートの鍛え上げられた肉体へ近付くのは遠い道のり、別次元の世界かもしれませんが、背骨を力強くサポートできる体幹を意識し手軽に取り組んでみましょう。



体幹を鍛える時の前提事項として、「お腹を凹ませながら」トレーニングすること!呼吸は肺式でやってみましょう



手足や頭部のつなぎ目として様々な動作を連係させる体幹は、消化器や肝臓等を含む腹横筋、横隔膜、多列筋、骨盤底筋群の4種類からなる。

体幹の動きが安定すると

①腰痛・膝痛の防止
②楽に歩いたり走ったりできる
③ダイエット・良い姿勢の維持

などが期待でき、内臓を元気にする働きもある。
直立姿勢をとる人間は、重力で胃が下がり腸を圧迫する。
腹横筋が腰周りをしっかり締めると、内蔵が正しい位置に保たれ腸の調子もよくなる。


引き締まった腰は見た目も美しく、どんな洋服も似合うようになります。